離婚問題

離婚問題について

離婚問題といっても、その様相は様々で、相手方の不貞を原因とするもの、相手方の暴力を原因とするもの、子の親権に争いが生じるものなど、数え上げたらきりがありません。

当事務所は、ご相談に来られた方のお話を十分お聞きした上で、ご相談者が真に希望される、「今後のあり方」を十分に配慮、検討した上で、ご依頼をお受けする方針を採用しております。

したがいまして、ご相談をお受けする際に、あえて離婚を踏みとどまれることをお勧めすることもありますし、離婚をされるにしてもある程度手順を踏むことをお勧めすることもあります。

どのようなご相談であっても、弁護士が考えうる最良の方法をご相談者の方と一緒に、とことん考える姿勢でご相談をお受けいたします。 まずは、一度、ご相談いただければ幸いです。

家事事件報酬基準

不貞慰謝料請求事件
相談料 何度でも無料
着手金 10万円
ただし、回収可能性が高い場合、着手金を無料でお受けすることも可能です。
報酬 実際に回収した金額の20%
日当 1回につき、2万円(弁護士が裁判所に出頭する場合)
離婚事件
相談料 初回30分の相談料は無料(その後、30分5000円)
交渉のみ ①着手金 10万円
ただし、回収可能性が高い場合、着手金を無料でお受けすることも可能です。
②報酬 実際に回収した金額の20%
離婚調停 ①着手金 30万円
②報酬 30万円+得た経済的利益の10%
(なお、養育費については、2年分の養育費を基準として経済的利益を算定する)
③日当 1回につき4万円(弁護士が調停に出頭する場合)
離婚訴訟 ①着手金 40万円
②報酬 40万円+得た経済的利益の10%
③日当 1回につき2万円(弁護士が裁判所に出廷する場合)

上三角